中村哲先生のご冥福を祈ります

先ほど入ってきたニュースです。

 

中村哲医師が死亡 アフガン東部で銃撃

12/4(水) 16:49配信

産経新聞

 【シンガポール=森浩】アフガニスタン東部ナンガルハル州ジャララバードで4日、現地で医療支援などの活動を続ける日本人医師、中村哲さん(73)らが乗った車が武装勢力に襲撃された。ロイター通信などによると、中村さんは右胸に銃弾を受け、撃たれた直後は意識があったが、運ばれた病院で死亡した。

地元警察によると、同乗していたボディーガードと運転手らアフガン人5人も死亡した。銃撃現場には中村医師以外に日本人はいなかった。犯行声明は出ていないが、イスラム原理主義勢力タリバンは関与を否定している。

中村さんはアフガン支援を行う非政府組織「ペシャワール会」(福岡市)の現地代表で、長年にわたる医療支援や灌漑(かんがい)事業の指導などで、2018年にはアフガン政府から勲章を授与された。今年10月には名誉市民権も授与された。

 突然のニュースに驚いています。
ペシャワールの会の報告会は何度か行かせて頂いて、中村先生の生き方に共感していました、そしてあこがれを持って中村先生の活動を見ていました。
本当に残念でなりませんが、今はご冥福をお祈りいたします。
日本において、海外からの技能実習生の待遇のひどさや、受け入れる側の差別意識をニュースで見るにつけ、日本人の印象が悪くなっていると感じていた昨今ですが、海外において純粋なボランティア精神で頑張っておられる中村先生をはじめ多くの日本人の皆さんがたくさんいるという事も知ってもらいたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA